看護部案内

ホーム > 看護部案内 > 7B病棟

7B病棟


部署の内容や特色、患者さまの傾向や特徴を教えてください

7B病棟は、心臓血管外科、心臓内科がメインの急性期病棟です。他の病棟と異なり個室が多い病棟で、特別個室を有することからセキュリティーが強化されています。そのため、個室希望であれば、診療科は問わず入院を受け入れています。心臓血管外科では、冠動脈バイパス術、弁形成や弁置換、大動脈瘤に対して人工血管置換術やステント挿入術を行っています。心臓内科では、心臓カテーテルでの検査や治療、アブレーション、ペースメーカー植え込みなどを行っています。


部署の雰囲気・年齢層を教えてください

病棟スタッフは、20代から40代のスタッフで看護を行っています。子どもが小さいスタッフは、時短勤務で、ワークライフバランスを調整しています。新卒の看護師、他の病院勤務から転職してきたキャリア看護師がいますが、お互いが協力し合って患者メインの看護を行うよう努力しています。笑顔が絶えない病棟です。 当病棟は、男性看護師が多く病棟の良い雰囲気作りに貢献してます。


新人看護師はこう育てたい

新人それぞれの個性に合わせ、担当ガイドが中心となって教育を進めていますが、当院の教育システムのSキューブに沿ってガイドだけではなく、チームが一丸となって新人へ目を向けサポートしています。自分の看護観を見つけてくれるとうれしいです。


将来なってほしい看護師像

患者さんがあっての看護師。つまり、患者メインの看護が考えられ、実践できる看護師になってもらいたいです。


スタッフ教育のポイント

院内、院外の研修への参加をサポートしています。また、新人は1年間黄色のストラップを着け新人なんだとアピールできます。そのため、困ったときに誰にでも声を掛けられる体制を院内でとっています。


独自の取り組みやPR

月に一度リーダー会を実施し、キャリアラダーをもとにスタッフが確実にステップアップできるようにサポートしています。また、患者さんの入院時から退院調整を行っています。リハビリ転院であったり、在宅調整であったり、介護申請の調整などMSWと共に力を入れて活動しています。 病棟の企画(飲み会がメイン)も多く、良いリフレッシュになっています。


就職・見学を希望されている方へのメッセージ

急性期病院なので忙しいところもあるのですが、とても明るい病棟です。ぜひ一度見学に来てください。とってもいい雰囲気を感じられると思います。そして一緒に働きましょう。





このページのトップへ

看護部案内

ご応募はコチラ

資料請求

javascriptをオンにすると、ここにカレンダーが表示されます。内容を表示するにはご利用ブラウザの設定で、javascriptを有効にしてください。